男性

過払い金が発生したときには法律事務所に相談してみよう

役員変更登記

法律書

会社の経営陣が変わるときには役員変更登記を行わなければなりません。役員変更登記とは、最寄りの法務局への届け出のことを指します。会社の中で商業登記に関する知識を持っている社員がいるのであれば、その社員が必要書類を用意して届け出をしても問題ありません。しかし、多くの場合は登記に関する知識がある社員はいません。そのようなときには、役員変更登記の専門家である司法書士に依頼しましょう。司法書士への依頼は3万円から5万円程度の費用で済みます。もちろん、その司法書士費用に加えて届け出時に必要な印紙代がかかります。そうは言っても数万円程度の出費で済みますので、たいていは司法書士に依頼することがほとんどになります。

東京には実にたくさんの司法書士がいますので、その中から商業登記に詳しい人を選んで依頼しましょう。まずは、東京の司法書士が開設しているホームページを閲覧してください。専門分野について詳しく書かれていますので、そこに商業登記が入っているかを確認しましょう。中には、不動産登記をメインに行っている司法書士が存在するのです。そのような司法書士でも商業登記の手続きを行うことができますが、やはり専門的に商業登記を担っている東京の司法書士をおすすめします。東京にはどんな司法書士がいるのかを調べるためには、インターネットを活用してください。関連ワードで検索すれば、ホームページを見つけることができます。その情報をよく読んで信頼できるかを見極めましょう。